森林鉄道

 

森林鉄道

森林鉄道
 
明治40年~昭和38年まで、木材・製品・人・物資等を輸送し、また文化の大動脈として中芸5ヶ町村の政治・産業・教育・文化の発展をもたらした森林鉄道。

 馬路村は全国的にも珍しい2つの営林署が存在する稀な村でした。この頃には魚梁瀬の山々の天然杉の多くが国有林化され、村内は景気と活気に満ち溢れました。やはりその繁栄の基盤となっていたのが森林鉄道で、日露戦争時の戦利品を流用して、明治40年に田野町~馬路~魚梁瀬に至るおよそ40kmの区間を運行しました。わが国にでは、青森大林区署管内の津軽森林鉄道に次ぐ2番目に導入されました。

森林鉄道と森林軌道の違い
 
森林軌道・・・路面に軌道を敷設して、木材等の自重や人力、家畜などを動力源して運用するもの。森林鉄道が導入されるまでは、もっぱらこの方式による運搬が主流でした。

森林鉄道・・・動力源が機関車で、列車を編成して材木や物資等を運び軌道と比較して大きいもの。乗客が多いときなどは、薪や牛などを運搬する目的であった貨車の「ボサ箱」に乗車することが日常的でした。
 

魚梁瀬森林鉄道遺産Webミュージアム

魚梁瀬森林鉄道遺産Webミュージアム
 
中芸地区森林鉄道の概要や懐かしの映像・テーマソングなど「魚梁瀬森林鉄道開通100周年記念イベント」のコンテンツなど豊富に掲載されています。
 

馬路森林鉄道

馬路森林鉄道
 
馬路温泉前にある「馬路森林鉄道」。馬路温泉前駅を出発し、西谷川沿いを、ゴトゴトと走ります。駅弁は運行日に数量限定(10食)販売!詳しくは馬路温泉にお問合せください。
 
●乗車料/大人400円 小人300円
●運行時間/8:30~16:30
●運行日/日曜日・祝日 (8月は毎日運行・雨天運休)※団体様の場合平日でも運行可能(要予約)
●お問合せ/馬路温泉 TEL0887-44-2026
 

魚梁瀬森林鉄道

魚梁瀬森林鉄道
 
野村組工作所と谷村鉄工所がそれぞれ独自に開発し競い合った「野村式ディーゼル機関車」「谷村式ディーゼル機関車」が魚梁瀬丸山公園を爽快に走ります。
 

●運行日/日曜日・祝日(8月は土曜日も運行・雨天運休)
●運行時間/10:00~15:30(4月~10月)

      10:30~15:00(11月~3月)
●お問合せ/馬路村役場・魚梁瀬支所 

 TEL0887-43-2211

qrcode.png
http://umajimura.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<まかいちょって家>> 〒781-6201 高知県安芸郡馬路村馬路382番地1 TEL:0887-44-2333 FAX:0887-42-1002