馬路村公認むらの案内人クラブ

  • ホーム  > 
  • 馬路村公認むらの案内人クラブ
 

馬路村公認むらの案内人クラブ

馬路村公認むらの案内人クラブ
 
魚梁瀬森林鉄道跡ウォーキングや、山登り、川遊びなどの自然体験、村人との交流活動も含めた総合案内人が集う「 馬路村公認むらの案内人クラブ 」。

馬路村の風景や遺構、そして文化を楽しむ上で、「何故それがあるのか?」などの背景や、意外なエピソードを案内人達が語ってくれます。それによって後からこみあげてくるおもしろさがあるでのはないでしょうか。馬路村のプロの案内人がより深い馬路村の旅へと誘ってくれることでしょう。

下記に一部のむらの案内プランをご紹介致します。
 

魚梁瀬森林鉄道跡ウォーキング

魚梁瀬森林鉄道跡ウォーキング
 
1911年~1963年まで魚梁瀬森林鉄道は運用されていました。廃線後、2009年に経済産業省の「近代化産業遺産」に9カ所が認定され、同年、更に9カ所を加え、合計18カ所が国の重要文化財に指定されています。
 
 
県道12号線沿いにある安田川にかかる橋「与床橋(よどこばし)」をスタートし、対岸の道を明神口橋(重要文化財・近代化産業遺産)を渡り、島石ピクニック広場まで道中の見どころを案内人が紹介しながらウォーキングを行なうプランです。
 

千本山登山

千本山登山
 
豊かな自然が息づく 馬路村 魚梁瀬。その中でもこの 千本山保護林 は、一目千本と呼ばれるとりわけ大きく育った天然の ヤナセスギ が生息する代表的な森林です。その樹齢はおよそ200~300年ほど。大きさは直径2メートル、樹高50メートルに及ぶ大木もあります。
 
大正7年には「学術参考保護林」として、その後昭和2年には周辺の森林も保護林に加えられ、更に平成2年には「林木遺伝資源保護林」として守られ、自然のままにのびのびと大きく伸びる姿で訪れる方々を迎えてくれます。
 

ゆずの収穫体験

ゆずの収穫体験
 
ゆずの収穫を体験することができます。(11月頃からゆず狩体験のプランも受け付けています。また、剪定バサミなども貸し出しております。)
 
馬路・魚梁瀬を走る森林鉄道体験乗車や、馬路村農協のゆずの森見学、ゆずクラフト体験など目白押しです!
 

むらの案内人事務局

むらの案内人事務局
 
《営業時間》
   9:00~17:00
《お問い合わせ先》
  TEL0887-44-2333
  FAX0887-42-1002
詳しくはお問い合わせください。
qrcode.png
http://umajimura.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<まかいちょって家>> 〒781-6201 高知県安芸郡馬路村馬路382番地1 TEL:0887-44-2333 FAX:0887-42-1002